セックスを求めることがなく、無償でお金あげますという男性とワクワクメールで知り合いました。
1回の飲みで、2万5000円の支払いが発生。
さらに、継続した関係も求めてもらえました。
そのことで、プラスα(お酒代と肴代)の支払いもして貰えたのです。
感激しないわけがありません。
お金がないシングルマザーにとって、救いの主と言えるような存在になってくれました。
若生さんも、私とのオンライン飲みを楽しみにしてくれている様子です
飲むときは、いつでも明るく、笑顔を絶やさないでいてくれます。
本当に困った時助けてくれる人は、出会い系アプリに存在していました。

 

 若生さんとの出会いで、自信も付き新たなパパ募集を継続。
それまでのように、掲示板更新や日記更新をしていきました。
利用者が多いため、足跡を付けてくれる人もいる。
だからこそ、期待が高まっていく感覚でした。
シングルマザーのパパ活は、第2段階に入っていきました。

 

 Jメールの中でメールを送ってくれた男性が登場。
投資家の堀池さんです。
私の掲示板投稿や、日記を見たそうです。
「少しぐらいなら、助けになってあげられるよ」
この言葉に、ときめきを感じてしまいました。
LINE交換を済ませ、詳しくお話をしていくことにもなりました。

 

 堀池さんは、1回の飲みで5万円を支払ってくれました。
パパ活の領域を遥かに超えているって思いました。
「月に1回か2回、多分1回くらいが多いけど、継続したいな」
この言葉に、涙がでそうになりました。
実際に、継続していただくことに成功。
都度払いで5万円を入金してくれるようになりました。

 

 月に10万円の副収入。
これは、信じられないくらい大きな金額です。
それまでの生活が、豊かになっていくのを感じました。
2人の男性とも、とても優しい性格で、気遣いまでしてくれたりして。
おかげさまで、順調に生活を送ることが出来るようになりました。
子供もゆとりが出来たためか、最近は、笑顔を絶やしません。