本当に困った時助けてくれる人は、出会い系アプリで探せることが分りました。
裕美子もシングルマザーで、厳しい生活を送っていたのに、会わずにお金がもらえる関係を作り、どん底から這い上がったようにキラキラしていました。
私と子供の生活のためにも、助けてくれる男性探しは必要です。
裕美子の利用した、Jメールとワクワクメールのアプリをスマホにインストールしました。
かなりドキドキした気分を味わいながら、登録作業をしていきました。
プロフに、お金がないシングルマザーが、貯金が少ないシングルマザーと書き込む。
そして、掲示板や日記で活動していくことになりました。

 

 裕美子に言われていたことがあります。
お金のやりとりは、厳しい規制が設けられているそうなのです。
金銭的な書き込みを直接してしまうと、アカウントが使えなくなる可能性があるのだとか。
「だからね、優しい紳士と出会って、ネット上で癒されたいって書いていくの。これをね、ずっと繰り返していくんだよ」
さらに日記の方でも活動する。
「あまり暗くならないように、シンママが大変なことを書き込んでいくこと」
こうして、出会いを探せるそうです。
直ぐに、同じようにやっていくことになりました。

 

 活動していくことで、足跡を付けられたり、コメントを付けられたりと、わくわく感を感じていきました。
オンライン上で、支援してくれる男性がいるかもしれない。
期待は高まるばかりでした。
投稿を続けた結果、会わないパパ活に成功していくことになりました。
会わないパパ活に成功した理由は諦めずに活動を続けてきた事です。
若生さんという男性から、ワクワクメールの中で連絡を受け取れました。
直ぐに、丁寧な返事を書いていきました。
もしかしたらな期待を、ひたすら強めてしまった私。
若生さんからも、再び連絡が到着。
成功の予感を感じてしまいました。