コロナ離婚となり、小学生の子供と2人の生活を始めたシングルマザーです。
コロナの影響は、様々なところにも出ているのですが、夫婦関係にも影響を与えるようになりました。
夫の暴力が嫌になり、子供を連れて家を飛び出してしまいました。
独身の頃から貯蓄していた、少ない貯金を何とか使って新生活をスタート。
パートにも出て、その収入で生活をするようになったのですが、こちらはとても大変。
お金がないシングルマザーの生活は、いつだってカツカツでした。
日々、お金がないけどどうしよう・・・今後どうやって生活していけばよいのか・・・。
お金がすぐ欲しい、誰かお金ください。
そんな考えが、頭の中をグルグル回り続けてしまっていました。

 

 貯金が少ないシングルマザーにとって、誰かに助けてもらわなければなりません。
お金を貢いでもらう時はどうする?これは、太っ腹な富裕層に助けてもらいたい。
そんな考えから、ネット検索をしていて発見したのが、お金あげます掲示板でした。
その掲示板には、魅力的な投稿が沢山ありました。
無償でお金あげますと書かれている掲示板を見て、生活がピンチな私は反応してしまいました。
お金助けますって人が投稿しているのだから、甘えてしまう気持ちでした。

 

 急いでメール送信をしてみました。
すると、相手の人からの返事も受け取れました。
感激した瞬間です。
ネットには、本当に困った時助けてくれる人がいるんだと、心底思いました。
しかしメール開封をして、一気に疑問が浮かんで行くことになりました。
書かれていたのは、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという言葉でした。
現金の無償支援ではないのです。
お金に困っている私が、こんなこと出来るわけもなく。
貢いでもらう為にお金あげます掲示板に投稿してもらった返事に落胆しました。
期待が、強い失望に変わっていきました。